ダンガンロンパV3をクリアした。(ほんわりネタバレ)

推理アドベンチャーゲームダンガンロンパ』シリーズ最新作、『ニューダンガンロンパV3』をクリアしました。

ほんわりネタバレしてます。

www.youtube.com

www.youtube.com

 

『超高校級』の才能を持つ高校生たちが謎の学園に閉じ込められ、コロシアイを強要されます。殺人が起きたあとに開かれる『学級裁判』で犯人を推理する、といういつもの流れ。

最終チャプターの内容が賛否両論で荒れてますね。メタ発言が多く、オチもハッピーともバッドともとれないもので、過去2作に比べるとカタルシスに欠ける。自分も若干モヤモヤしつつクリアしました。色々考えた結果「こういうのもアリかな(いい意味で)」と思いました。

今作の新システム『偽証』。学級裁判で真実を明らかにするため、あえての証言をすることができる。『真実』が今作の大きなテーマとなっていると思う。

『嘘』で裁判をひっかき回すキャラ、過去のトラウマから『真実』を暴くことに怯える主人公、そんな主人公に『自分を、自分が信じたいものを信じろ』と明るく励ますキャラ。最終チャプターでは、主人公含む生き残りたちが黒幕を倒すため最後の学級裁判に挑む。

しかし、黒幕を暴いて得た『真実』『嘘』だった。何を反論しても「あれもそれもこれもだよ!」で片付けられてしまい、主人公のアイデンティティまで否定してくる。ン絶望的だねぇ… でも主人公は負けない。自分を信じ真実を塗り替えることで大逆転、黒幕を倒す。

クリアして思ったのは、「どこまでがでどこからが真実なんだろう?」ということ。黒幕は主人公を追い詰めるためにいろいろキツいものを見せてくるんですが、それらが真実だという証拠はどこにもない。黒幕が「ぜんぶだよ~」と言いながらの証拠を提示してるんじゃないか?

ここで「自分が信じたいものを信じろ」が活きてくるのではないだろうか。嘘つきキャラもどこかで本音(真実)を口にしているかも。「自分を信じろ」と励ましてくれた頼もしいキャラもどこかでドス黒いをついているかも。

って考えたことも黒幕にぶつければ「そんなの全部だよ~☆」と言われるかも。

残された謎や伏線について考察しても、制作陣に「考え過ぎ!って言ったじゃん!」って言われるかも。

作中に明確な答えは用意されていないので、なにが真実なのかはプレイヤーが各々判断することなんですね。自分が信じたいものを信じるんです。自分は謎の多い作品についてあれこれ調べたり考察したりするのが好きなので、そこまで拒否反応が出なかったのかな。

ダンガンロンパらしくはないけど、答えのない考察いいよね。

 

いろいろ書いたらスッキリした。みんなのパンツ集めてラブホ行くぞ!