ドラえもん のび太と雲の王国

 

キー坊といえば『雲の王国』だよな~~と悶々としてしまい、超久しぶりに観ました。何回観ても面白いね。

 

雲の上には本当に天国があると信じてそれを馬鹿にされたのび太に、ドラえもんは雲の上に自分たちで天国(理想の王国)を作ろうと提案する。

紆余曲折があったものの、仲間たちの協力を得て雲の王国はついに完成。しかし、王国で遊んでいる途中偶然に、本当に天上人の住む雲の上の世界があることを発見する。自然に恵まれ絶滅動物が多数生息するその雲は、絶滅動物の保護地区だった。

そこの監察員パルパルに連れられ、施設に移動する5人。友好的に見えたパルパルだが、天上界では「動植物と地上人をあらかじめ天上界に避難させ、大洪水で地上文明を洗い流して破壊する」という恐ろしい方策「ノア計画」が実行されようとしていた。

ドラえもん のび太と雲の王国 - Wikipedia

 大長編ドラえもんって「なんか強大な敵が出てきて、それをひみつ道具を駆使して倒す」みたいな熱い展開が王道です。

『雲の王国』だと敵は「ノア計画」を企む天上人なんだけど、彼らを説得してノア計画を中止させ、和解して終わるんです。

その説得のキーパーソンがキー坊。

f:id:coffee_ocean:20170129200505j:plain

↑テレビ版のかわいいキー坊(苗木)。ドラえもんの道具で動いたり考えたりできるようになった頃。

f:id:coffee_ocean:20170129195724j:plain

↑「植物星」という緑豊かな星の大使(外務大臣)に大出世したキー坊。声もダンディー

地上人による環境破壊のせいで天上人は滅びつつあり、植物星へ移住する計画もたてています。交渉のため地球に来ていたキー坊はノア計画のことも聞かされます。

天上世界の最高議会で、キー坊は自分が地球出身であること、のび太ドラえもんのおかげで今の自分があることを明かし、地球の環境が良くなるまで天上人の移民を全面的に受け入れることを約束します。

 

大人になったいま観て「すげえ政治的解決だ…コネって大事だな」と感じました。のび太ドラえもんはコネづくりのために道具であれこれしてるわけじゃないんだけど。キー坊の他にも原作からのゲストキャラがいて、説得の後押しをしてくれる。「情けは人のためならず」ってやつだ!

あと、テーマが環境問題なのが逆に新鮮に思えた。大気汚染、水質汚染酸性雨、オゾンホール、核戦争への危機感など。1990年代の「地球やべえぞ!」って空気を感じたっていうか。10年くらい前にも「エコブーム」がありましたね。マイ箸とかマイバッグとか、90年代に比べるとマイルドだったな。

ドラえもんがちょっと鼻声なのもかわいい。故障してるのもかわいい。いい映画でした。

 

映画ドラえもん のび太と雲の王国 [DVD]

映画ドラえもん のび太と雲の王国 [DVD]