読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ペルソナ5』ネタバレ感想 ※不満多め

去年の9月にアトラスから発売されたPS4/PS3用ゲーム『ペルソナ5』の今更な感想。

未プレイの人は読まないでね。


ペルソナ5 PV#03


ペルソナ5 物語の序盤紹介映像

 なんやかんやでペルソナ能力を手に入れた主人公たち。それぞれ生きづらさや社会への閉塞感を抱えています。「そうだ、ペルソナ能力で「悪い大人」を「改心」させ、世の中を変えていこう!」と「怪盗団」を結成し、世直しをしていく痛快ストーリー。

とりあえず良かったところから。

シナリオ

導入が素晴らしい。豪華なカジノで暗躍する主人公。しかし警察に「お前は仲間に売られたんだよ」と確保される。非人道的な取り調べを受けるが、新島冴という女性検事が尋問に訪れる。

物語は「取調室で過去の事件を振り返る」というかたちで進みます。主人公を売ったのは誰か?冒頭のカジノとペルソナ能力の関係は?主人公はこの絶望的な状況から抜け出せるのか?とにかく先が気になって仕方がない。

グラフィック

めちゃくちゃきれいです。キャラクター、ダンジョン、街、すべて良く作り込まれていてテンションが上がる。ペルソナ覚醒シーンは特に気合いが入ってます。

複雑な地下鉄や人混みといった都会のごちゃごちゃ感もリアルに再現していると思う。コンビニやファミレス、レンタルビデオ店、本屋など施設が充実していて散策がとても楽しい。

システム

敵が金子氏デザインの悪魔になり交渉が復活したところ。新しいダンジョンに行くたびに「どんな悪魔が出るかな~」とワクワク。

コープ(コミュ)も相変わらず楽しい。今作はコープを進めるとゲーム進行が有利になるアビリティが開放される。戦力強化を優先するか、気にせず好きなキャラと交流を深めるか。悩ましくも楽しいです。

戦闘システムはいつもの弱点突いてボコるやつ。総攻撃後にキャラごとの一枚絵が表示される演出がかっこいい。


『ペルソナ5』ショートムービー【祐介 総攻撃編】

祐介の花京院みたいなポーズ好きなんだ。

 

 

 

ここから良くなかったところ。

不満・ネタバレ多数です。読みたくない人はここでバックしてください。

 

 

 

 

シナリオ

何をテーマにして、どこに着地したかったのかわからない。

  • 現代社会の閉塞感をテーマにした重い話
  • 超能力で悪人をボコってスッキリウハウハ!な話
  • 3や4みたいに悩み苦しみながらもラスボスを倒して未来に進んでいく話

いろんな要素をつまみ食いして結局どれにもなれなかった中途半端なストーリーという印象を受けました。

序盤

体罰セクハラ教師やパクリ芸術家がボス→現代社会の重苦しい問題をテーマにしてるんだな!

事件に巻き込まれるかたちなので感情移入しやすい。正直、ボスを倒したカタルシスはここらへんがピークでした。

中盤

仲間が「もっと有名になりたい!大物狙おうぜ!」と言い出す→あれ?勧善懲悪な能力バトルものか?

主人公の発言にこの意見を止める選択肢が出ないため暴走する仲間たちに引きずられる感じ。さらに一部キャラの空気化が始まる。

終盤

黒幕の政治家が主人公たち怪盗団を利用して世論を操っていることが発覚。「世間は何もわかってねえ!黒幕をぶっ倒して俺たちの疑いを晴らすぞ!」→お、おう…

実際ここらへんの大衆は無責任だから衆愚政治をテーマにしてるのかなと思った。

ラスボス(神)

黒幕を倒しても大衆の声は変わらず、急に世界が滅びはじめる。

ラスボス「大衆は怠惰で愚かでダメなんだよ。だからお前らがいくらがんばっても無駄なの」

仲間「人間はお前が言うほど愚かじゃない!ぶっ倒す!」

大衆「怪盗団!本当にいたのか!助けて!応援してる!かいとうだーん!かいとうだーん!」

大衆の怪盗団支持率(後述)が100%を突破し、主人公がクソ強いペルソナを召喚しラスボスを撃退!世界は救われたのだった…

なんだこの元気玉は!ドラゴンボールの映画か!?

エンディング

「あとのことは大人たちに任せようぜぇ…」と車で旅に出る一行。主人公に公安?のマークがついているがどうでもいいようだ。

シナリオ:細かい点

怪盗お願いチャンネル(通称:怪チャン、怪盗ch)

最初の体罰セクハラ教師の改心後、体罰を受けていたバレー部の生徒・三島くんが立ち上げるサイト。怪盗団に改心させて欲しい「ターゲット」が書き込まれる。

「怪盗団を信じるか?」などのアンケートを行っていて、その結果が怪盗団支持率(=大衆の声)。ゲーム内で日にちが変わるとき、画面右下に支持率と怪盗chへの書き込みが表示されるのですが…

「次のターゲットマダー?」「クル━━━━( ・A・)━━━━!!」「記念カキコ」など死語と化したネットスラングがたびたび表示されるのがとてもつらかったです。普通のコメントもあるけど。

仲間の有名になりたい欲はこのサイトの支持率から生まれたものだし、ラスボス戦の元気玉でも支持率がでっかく表示されるなど、シナリオに深く関わるので無視するわけにもいかず。

あとサイト作ったあとの三島くん、バレーのバの字も出てこない。なんだかなあ。

打ち上げ

ダンジョンをクリアしたあとは打ち上げをします。4でもあったね。ただ今作の打ち上げは「ターゲットから盗んだオタカラを換金して豪遊する」という非常に俗っぽいもの。

「オタカラ」とは「悪人が欲望を肥大化させたきっかけとか象徴みたいなもの」で、「選手時代にとった金メダル」「こども銀行のお札」「古いプラモの箱」とか。ああ、この人も根っからの悪人じゃなくて純粋にまっすぐ生きてた時もあったんだなあと感じさせてくるんですよ。

それを怪盗団は売っぱらって、ホテルのビュッフェで食べまくったり銀座の高級寿司屋でパーッと使ってしまう。オタカラをマッハで査定して売りに行く姿に若干ひいてしまいました。

終盤では遊園地を貸し切ります。倒した悪人はブラック企業の社長。社員を替えのきくロボットと認識していた。それに怒りペルソナを覚醒させる社長の娘・春ちゃん。オタカラはプラモの箱。これじゃ大した金にならないと落胆する仲間たち。

春ちゃんは提案する。「会社がゴタゴタして社員旅行がダメになったから、打ち上げに使おう」

それは社員が汗水たらして作り出したお金じゃないのか?パレスでボロボロになりながら働くロボット社員を見て感じたこと忘れちゃったの?そもそも、そんな豪華な社員旅行を用意してる会社ってほんとにブラックだったの?もう何もわからないよ…みんな楽しそうだな…

そんで貸し切った遊園地ではしゃぎながら「そろそろ始まるぞー」って社長の謝罪会見をワンセグで見る。彼らは「大物を改心させれば多くの人が救われる」という悪意のない考えで動いているんですね。このイベントの仲間の言動は背筋が凍りました。

明智くんの扱い

 シナリオの目玉「生還トリック」にも関わることなんだけど…明智くんの扱いが雑でかわいそうすぎる。パーティメンバーに騙され、陰口を叩かれたあげくテンプレみたいな流れで処理されてしまいます。

明智くんがやったことは確かに大罪なんですが、社会のはみ出し者同士で結成された怪盗団が自分たちの中から誰かをつまみ出す様がなんとも皮肉。もうちょっとなんとかできたんじゃないの?

たぶんアニメ化すると思うんであまり触れないでおきます…厳しいネタバレ禁止令もここらへんが原因でしょうから。

システム周り

全体的にテンポが悪くもっさりしてます。

  • 戦闘後のリザルト画面が長い
  • ベルベットルームに入るときのロード
  • ストーリー進行やコープ発生時にいちいち取調室のシーンへ飛ぶ
  • 人間パラメータが上がったときMAXでも表示されるグラフ
  • イベントスキップがそれほど速くないし選択肢が出ると止まる

リザルト画面とベルベットルームのロードはアホみたいに長いというわけではないんですが、頻度が頻度だけにイライラします。リザルト画面は△ボタンで少し早送りできますが、あまり変わらないしボタンを押すのが疲れてくる。

イベントシーンが全体的に冗長なので、早送りじゃなくパッと飛ばせる仕様だったら嬉しかった。生還トリック関連以外の選択肢は特に意味がないし、ネタ発言をしてもスルーかボケ殺しされるし。

2周目もテンポの悪さであんまりサクサク進めない。イベント長いよほんとに。

総評

夢中になって一気にクリアさせる勢いはあるけど、クリア後に「あれ?」と違和感が湧いてくるゲームでした。ペルソナ合体やコープなど従来のシステムは十分面白いです。ただシナリオやシステム周りの粗が目立ちます。

完全版なり続編なり出るんだろうけど、様子見かな。

最後に

前作『ペルソナ4』と絡めて今作のシナリオについて丁寧に考察されている方がいらっしゃいました。

www.linkle24.com

vita持ってるしP4G買おうかなあ。

 

ペルソナ5 - PS4

ペルソナ5 - PS4