PS4『Detroit: Become Human』ネタバレ感想①

話題のオープンシナリオ・アドベンチャー『Detroit: Become Human』の感想。ネタバレ。

特報:『Detroit: Become Human』2018年5月25日発売
まるで映画を観ているような美麗グラフィック、壮大なBGM、先が気になるストーリー。すごくハマりました。簡単な操作でPS4の高スペックを体験できるいいゲームだと思います。タッチパッドで雑誌のページをめくるの楽しい…
「オープンシナリオ」というだけあって、主要キャラクターが死亡してもストーリーが進行していくのが新鮮。
コナーは破壊されても新品が支給されるし、カーラ編でルーサーが死亡したら2人で国境越えを目指す。マーカスが死亡しても他のジェリコ主要メンバーが意思を継ぐ(らしい)。
以下、シナリオの考察です。

アリス

終盤でアンドロイドと判明。雑誌記事「ロボット子育て三原則」、ジェリコにいた少年型アンドロイドが伏線か。
f:id:coffee_ocean:20181008204638j:plain
風邪・発熱や子供らしい感情はYK型の機能。そういえばアリスがなにか食べてるシーンってなかったな…。
ルーサーの「あの子がアンドロイドと知って愛情を失ったか?」は胸に刺さる。

トッドの態度

トッドはアリスを人間として扱っていると思う。カーラに「娘のアリスだ」と紹介したり、食事を用意させているし。
罵倒するときの「人形」「壊してやる」ではなく「クソガキ」「おしおき」という言葉のチョイスとか。人間の父娘にしか見えないからこそ、多くのプレイヤーが「アリスは人間」と思い込み、後半の展開が活きる。
トッドはクズだけど、憎めない良いキャラクターだと思います。

アリスは変異体なのか?

作中の変異体の多くは急に人間らしい行動をとるようになるのでわかりやすいが、アリスは人間らしさが売りのアンドロイドだし、LEDも非表示にできる。
母親(カーラ)を求めていたのも、アンドロイドとしての機能かもしれない。
アリスは「人間・アンドロイド・変異体」のどれにも分類できない特殊な描き方をされているのがおもしろい。
それでもアリスを愛せるか?という問いがカーラ編のテーマなのでしょう。

続きはまた今度。以下お気に入りのスクショです。

f:id:coffee_ocean:20181008203657j:plain
アマンダがいる綺麗な庭園
f:id:coffee_ocean:20181008205042j:plain
アンドロイド嫌いのアダムと和解
f:id:coffee_ocean:20181008205455j:plain
マーカス感動の演説、棒立ちコナー